ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

https://www.fantasticbeasts.com/ より

11月23日、勤労感謝の日に公開されたファンタビ2!冷え込みがえげつない中、公開日の初回で観てきました。

第一作目を観てキャラクターの魅力に取り憑かれ、特に主人公ニュートの友人、ジェイコブが大好き!そんなわけで前作より2年間、この「ファンタスティック・ビースト 黒い魔法使いの誕生」を待ちわびていました。このレビューその1ではネタバレ無しの軽い感想を書いていきます。それではさっそく結論から…

ぶっちゃけあんまり好きじゃない(震)

あ〜いきなり言っちゃった笑。でも待ってください!全部嫌いってわけじゃないんですよ!観る価値がないとは言いません!ジェイコブはやっぱり愛されキャラのいいヤツだし、ジュードロウとジョニデの対峙なんて激アツだし、ニュートはビッグバンセオリーのシェルドンをまろやか〜にしたような魅力たっぷりのふんわり主人公なんですよ。

そしてなんといってもファンタスティックなビーストたち!クレヨンしんちゃんのひまわりと同じように光り物が大好きな二フラーは相変わらずきゃわいさの権化で、愛らしさと憎たらしさでいっぱいです。しかもベビー二フラーなんて出されたら!それは!反則!

https://www.pottermore.com/news/introducing-the-baby-nifflers-in-fantastic-beasts-the-crimes-of-grindelwald

それでもやっぱり不満が残ってしまう、二作目が弱い、というジンクスにはまってしまった作品だなと思ってしまいます。最初に書いた通り僕は一作目を見たときにこのシリーズが大好きになりました。数年ぶりにみるハリポタの魔法世界は最高だし、登場するキャラクターの愛らしさに心を掴まれました。正直ハリポタシリーズのスピンオフが出来ると聞いて嫌な予感しかしませんでしたが、その期待を最高の形で裏切ってくれました。

じゃあ何が不満なのか?

端的に言ってしまうと詰め込みすぎなのかな、と思います。今後のシリーズを展開するにあたって新要素を出していかないといけないのはわかりますが…新しい登場人物に相互関係に人物設定、そしてやっぱり登場する新たな魔法動物たち。編集も相まって正直ごっちゃごちゃでした…

掘り下げたいところがいっぱいあるのはわかります!それだけの世界を生み出したJ・K・ローリングはやっぱり天才だと思います!けど一作にまとめるべきじゃなかった!誰が誰だかわかんないよ!笑 みなさん一回で全部把握できてるのかな…?僕だけ置いてかれてる…?

そして映像面でも魔法や魔法動物といったこの世界の魅力の核となるものの見せ方が前作やハリーポッターシリーズと比べても劣っていると思います。謎に手持ちカメラになって映像が揺れる場面があったのもすごく気になりました。不必要なシーンも多い印象です。

この映画はいろんな要素を詰め込んだ結果主題が弱くなってしまっている、という典型だと思います。次々と登場する新キャラクターにそれぞれのバックグラウンド。移り変わる舞台など観客が処理しなければいけない情報がいささか多すぎるんですよね。最近でいうと「スターウォーズ最後のジェダイ」でも似たような事を思いました。やはり映画という作品として考えると批評家たちの辛い評価にも納得してしまいます。

どうあるべきだったか?

やはりJ・K・ローリングは溢れるアイデアとそれらを出したい気持ちをぐっと堪えるべきでした。監督はもっと時系列や場面転換などうまくできた箇所は多いと思います。ディレクションの意図が伝わりにくい作りで、単純にシリーズを続けなければいけないという義務感のもと作られたように感じました。

現実の世界では不必要な事柄も行動も多くあるでしょう。しかし物語、作品という形である以上それぞれに登場するだけの理由が必要だと思います。他の誰でもないニュートがグリンデルバルドを倒さなければいけない必要性、動機付けが曖昧で、これならひたすらニュートが魔法動物を愛でるだけの物語のほうが良かったと思います。

まとめ

以上が僕の第一印象でした。良くないとこしか書いてないですけどエンタメ作品だと割り切ってしまえば悪くない映画だとは思います。金ロー向けというか家族や友達と見るには全然アリだと思います。二フラー可愛かったし笑。次作はここまで詰め込んだ要素をうまく調理してくれるのか、それが心配です…笑。それでも観に行ってしまうのはやはりウィザーディングワールドの魅力なんでしょうねぇ。それではここいらでこの記事は終わらせていただきます。良かった!最高!っていう方の感想も気になりますね。ネタバレを含めた感想を書いていくので是非そちらもどうぞ!

コメント