完全劇場オリジナル作品 プロメアをみてきた

Trigger

プロメアってなんぞや

まずプロメアとはなにか。語源は明かされていないようですが太陽でみられるプロミネンスが元かなぁと思います。今作はアニメ「天元突破グレンラガン」「キルラキル」で知られる今石洋之監督と脚本の中島かずきが生み出した完全劇場オリジナルアニメとなっています。炎を操る人間がいる世界でバーニングレスキュー、「火消し」として活動するガロという新人隊員が主人公のアニメです。

関連作品

このプロメアは完全オリジナル作品ということもあってあまり前情報がありません。そこでこの作品を語るのに上述した名作アニメ「天元突破グレンラガン」「キルラキル」について話さないわけにはいきません。ストーリーについては各自調べてもらうことにして、とりあえず言えるこの二つの共通項といえば情熱!これに尽きます。ストーリーもキャラクターたちもとにかく熱い。神作画アニメーションと場を盛り上げる音楽があいまってある種「見栄を切る」ようにも見えます。歌舞伎のようなキメだったりエンタメ作品の醍醐味が詰まった作品です。未見の方は是非ご覧ください。あまりの熱量と勢いに思わず一気見待ったなしです。

あらすじ

ある日を境に、世界各地で炎を操る能力に目覚めた人々がいた。彼らは突如発現した能力を操れず、「世界大炎上」と呼ばれる大惨事がおきてしまう。彼らは「バーニッシュ」と呼ばれている。それから30年後、彼らの一部が過激派テロリスト「マッドバーニッシュ」と名乗りあちこち放火する事件が発生している。そこで活躍するのがバーニングレスキューたち。様々なテクノロジーを用いて「火消し」に奮闘する。そんな時代にマッドバーニッシュを率いるリオと新人隊員ガロがそれぞれの思想を掲げ激突する。

少し不安な俳優起用…しかしトレーラーを見ると…?

最近で言えばシャザムで炎上した吹き替え問題。声優をあえて使わず人気俳優を使って客寄せするという手法ですが残念ながら誰もが認める成功作といえばジブリ作品ぐらいですよね。今作のプロメアでも主要キャラクターたちに俳優が起用されています。主人公のガロに松山ケンイチ、テロリストのリオに早乙女太一、そしてガロの上司にあたるクレイに堺雅人がキャストとして参加しています。正直これを聞いた最初の印象は「え、また俳優か…」と不安でしかありませんでした。それが結構私の心に効いたみたいでグレンラガン、キルラキル両作品が好きな自分でもこの作品のことを忘れかけていました。しかし公開されたトレーラーを見て考えが大いに揺らぎました。「あれ、誰が俳優なのかわかんないレベルで上手くない…?」これが第一印象。そして特徴的な声をしている堺雅人の演技をみて「あ、おもしろかもしれない…」という考えがこびりつき公開初日に鑑賞する運びとなりました笑。

みんな上手い!勢いがすごい!

トレーラーで得た直感は正しかった。メインキャスト陣の演技が声優に全く劣らない!愚直なまでにまっすぐなガロを演じる松山ケンイチはこんな声だったっけと思うほどに演技の幅が大きい。理性的だがテロ集団を率いるリオを演じる早乙女太一はあまり知らなかったのですが声優なのでは!?と感じずにはいられません。彼が一番声優らしいクオリティだったと思います。そして誰もに尊敬されるクレイを演じる堺雅人。リーガルハイで片鱗を見せていたところと半沢直樹での抑えた演技がこんなにもハマるとは思いませんでした。冒頭こそ彼の顔がどうしてもチラついていましたが中盤にもなるとそんなことは気にもなりませんでした。むしろ彼の演技力をもってはじめてクレイ・フォーサイトというキャラクターの魅力が完成していると言っても過言ではありません。

そして肝心のストーリー。正直あらすじを聞いてもピンとこなかったですが流石のアニメーションとともに行われる「火消し」「炎上」の連続に魅せられました。そしてそれぞれのキャラクターやグループのもつ背景をシリーズアニメと同じくらい丁寧に描けていると感じました。単体作品でオリジナリティあふれる世界観を描くとどうしてもそのあたりがおざなりな作品が増えてしまいますがこの作品では全く気になりませんでした。

グレンラガンやキルラキルであふれる熱気がこの作品にもしっかりとこもっていてぐんぐん引き込まれます。この2作品が好きなら見て損はない、どころか必ずお気に入りになると思います。能力バトル、メカ、世界滅亡、人間ドラマ、どことなくオフビートな笑いがあふれるこの作品は意欲的であり、かつバランスを失う事なくこの世界を表現しきっていると思います。

唯一残念だったところ

これははミキシングですね。邦画にありがちなんですが「今なんて言った…??」という箇所が結構多かったように思います。声がこもり気味というか遠いというか。劇中音楽とのバランスが悪いような気がしてしまいました。会話劇を楽しむような作風ではないので勢いでどうにかなっていますがもっとセリフを拾いやすくなると雑念が入らなくなるかなと思います。

まとめ

休日にみるには最適の映画だと思います。何も考えたくない!とにかく興奮したい!ぬるぬるアニメーションで度肝を抜かれたい!俳優陣の演技が気になる!そういう方達には是非とも見ていただきたい作品でした。

コメント